行方調査とは

まずは警察を頼る

行方調査では何かしら理由があり、行方不明になっている人を探すための調査で、要は失踪人を見つけ出す捜査になります。
とはいえ、探偵社を頼る前に、緊急性が高い場合には、まずは警察に捜索願を出して捜査を依頼するのが一般的な流れになるでしょう。

例えば、人命の危険性がある場合や、第三者による事件に巻き込まれている場合ですと、警察に捜査を依頼した方が、個人で探偵社に依頼するよりも、見つかる可能性というのは高いです。
事件性がある場合には、警察もいろいろな手段を用いて捜査をおこなってくれますので、捜査願を出した後に、探偵社にも依頼した方がスムーズかもしれませんね。

逆に、事件性がない場合には、警察は動いてくれないため、このような時には探偵社に依頼するのがベストとなってきます。
警察に捜査願を出すこと自体に費用は発生しませんので、いずれにしろ捜査願を出しておいて損はないかと思います。

行方調査の内容とは

探偵社がおこなってくれる行方調査としては、調査対象者の近辺を調べたり、警察犬を活用するなどして、所在を調べるという内容が多いです。
また、近年では様々な機関のデータベースなどを活用して、行方を探し出すという方法もメジャーなようです。
このように、行方調査は人命が危ぶまれる重大な事態に遭遇している可能性もあることから、早急に見つけ出すためいろんな手段を用いて探偵社は探し出します。

しかしながら、近年では犯罪目的で探偵社に依頼する人もいることから、調査を引き受けるかどうか、探偵社は慎重になっています。
例えば、ストーカー目的で行方調査を依頼する人などもおり、探偵社といえども犯罪行為に加担するような調査は引き受けませんので、何のために依頼したいのかというその内容を明白にする必要があるでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る